地方銀行(地銀)について

 

地方に根付いて経営している銀行を、地方銀行と呼びます。

 

地方銀行とは、法的な定義ではないため、地方銀行の中には複数の自治体や地域にまたがって営業している銀行もあります。

 

また、一般的には次の2つに分けられるとされています。

 

 

 

 

○第一地銀

 

一般的には、一般社団法人全国地方銀行協会の会員の銀行のことを指します。

 

そのうち、次項で説明する「第二地銀」以外の地方銀行を「第一地銀」と呼ぶこともあります。

 

 

 

 

○第二地銀

 

地方銀行のうち、社団法人第二地方銀行協会に属する銀行は、第二地銀と呼ばれています。

 

無人会社や相互銀行、信用金庫などから普通銀行に転換した銀行が多く、第一地銀より規模が小さいところが多いです。