総量規制とは何か?

 

総量規制とは何か?

 

消費者金融等でカードローンの申し込みをした後には借入限度額の審査が行われます。

 

借入限度額は消費者金融側が「この人はいくらぐらいまでであればお金を貸してもきちんと返してくれるだろうか?」

 

ということを考えながら決定しますが、この借入限度額をいくらにするかの判断では「総量規制」というルールが大きな役割を果たしています。

 

 

総量規制は法律上のルール

 

総量規制は消費者金融会社側が守るべきものとして定められているルールです。

 

具体的には「利用者の年収の3分の1を超える金額の貸付を行ってはならない」とされています。

 

貸付制限により、50万円以上の借入希望額の場合や、他社の借入と合わせて借入希望額が100万円をこえる場合は、

 

収入証明書類(源泉徴収票や納税証明書、給与明細書など)により、年収制限を超えていないかの確認が義務付けられています。

 

たとえば、利用者の年収が300万円出会った場合には100万円を超える金額の貸付を行えません。

 

総量規制を超える金額の借入の申し込みがあった場合には消費者金融会社は借入審査を通さない(あるいは借入限度額を減額した金額で審査を通す)ことで総量規制のルールを守っています。

 

 

総量規制に含まれない借金とは

 

総量規制は消費者金融など「銀行以外からの借入」を行う場合に適用されるルールです。

 

そのため、現在の借入合計額が総量規制の金額に達している場合には、

 

消費者金融で新たに借入の申し込みを行っても審査を通らないという結果になりますが、銀行は審査が通る可能性があります。

 

すでに複数社からの借入があって消費者金融で借入の審査がなかなか降りない、

 

とお悩みの方は一度銀行系カードローンの審査申し込みをしてみると良いかもしれません。

 

銀行は総量規制とは関係なく独自の審査基準に従って借入の審査を行っているため、

 

借入金額が大きくなっている方の場合でも審査が降りる可能性があります。

総量規制の「除外項目」と「例外項目」

 

○総量規制の「除外項目」と「例外項目」

 

総量規制には「除外項目」と「例外項目」があります。

 

たとえば、車のローンや住宅ローン、高額医療のための貸付などは総量規制の「除外項目」となり、

 

年収の3分の1以内の対象となりませんので、申込時に記入する「他社からの借入額」にはこの金額を除いた金額を記入する事になります。

 

「おまとめローン」や共働きの夫婦の所得を併せた合計の3分の1以内、個人事業者に対する貸付などは総量規制の「例外項目」になります。

 

「例外」に該当する貸付は、年収の3分の1を超えても超えた部分について、

 

貸金業者が返済が可能と判断できれば、貸付をおこなってもよいことになっています。

 

 

 

○銀行カードローンは総量規制対象外

 

銀行には銀行法が適用されるので総量規制の対象外になります。

 

基本的には収入があることが条件ですが、銀行はそれぞれが独自の審査基準を決めて、審査をおこなうので、

 

安定した収入が有れば、年収に関係なく融資が受けられます。