債券の基本

 

債券の基本

 

 債券とは国や公的機関、地方公共団体、企業などが資金を借り入れて発行する借用証書です。その借用証書は譲渡できます。

 

 

額面金額 購入単位金額のことで償還日に戻ってくる金額
表面利率(クーポン) 額面に対して毎年受取る利息の割合
償還年限 発行から償還までの期間
利払い日 利息の支払い日 年2回が一般的
途中換金 可能
債券の価格変動

額面100円につきいくらでと表示される。
単価とも呼ばれ市場金利や発行体の信用度によって変動する。

 

債券は購入から償還まで保有した場合、予め約束された利息と元本が戻ってくることになっているため将来の資金計画が立てやすい特徴があります。

 

 

債券の発行体 (矢印が下に行くほど信用度が低く、表面利率が高くなる傾向)

国債

日本国政府

地方債

地方公共団体

金融債

金融機関

社債

企業

外国債券

外国政府、企業など

 

 

 

債券の信用度と表面利率

 破綻や債務不履行のリスクが低いほど債券の信用度が高く、表面利率も低くなり価格も上昇する傾向があります。

 

例えばAさん、Bさん2人いるとします。Aさんは公務員、Bさんは無職とすると返済不履行のリスクは当然Bさんの方が高いです。

 

BさんはAさんよりも利息を多く支払わないと誰もお金を貸してくれません。債券もこれと同様に考えると分かりやすいでしょう。

 

 

 

債券の分類

債券は利付債と割引債に分類されます。

 

利付債は、利払い日に利息が支払われ償還時に額面金額が戻ってきます。

 

割引債は利息がない代わりに額面金額から利息分を割り引いた額で購入できます。

 

 

債券の利回り計算

 元本に対して1年に何%の収益を生み出すかを表す計算方法を見てみましょう。

 

●応募者利回り 新規で発行された債券を償還まで所有した場合の利回り

 

計算式 〈[表面利率+{(100−発行価額)÷償還までの年数}]÷発行価額〉×100
例)表面利率2% 償還年限10年 単価100円
〈[{2+(100−100)}÷10]÷100〉×100=2%

 

 

●直接利回り 購入金額に対する毎年の利息の割合

 

計算式 (表面利率÷購入価格)×100
例)表面利率3% 単価98円 
(3÷98)×100=3.06…%

 

 この2つは債券の利回りを見る基本の計算式になるので覚えておきましょう。

 

 

 

債券価格と金利・景気は関連している

 債券価格と金利は日々変動していて互いに逆の動きをすると言われています。

 

saiken-keiki

 

 

 景気過熱時は企業の資金需要が高まるため債券を売却する動きが増え、価格が下落します。逆に景気低迷時は資金の需要が減退するため、債券を購入する傾向があり価格が上昇すると言われています。

 

 

 

債券投資に向いている人

 債券は株式やFXのように短期売買ではなく、長期間の運用が前提となるので日中忙しい会社員や安全志向の投資家向きと言えます。

 

債券にもリスクはあります。

 

●信用リスク 発行体が破綻しデフォルト(債務不履行)になるリスクです。

 

●価格変動のリスク 償還まで保有せず途中売却をする場合は時価による売却になるため損失を被る可能性があります。

 

●流動性のリスク 取引が活発でない状態では売却できない、もしくは債券価格が低くなる可能性があります。

 

 

 

債券投資はできるだけ早く始める方が有利

  債券投資は長期で運用するほど利息が得られるため60代以降よりも20代〜40代の若い世代向きの資産運用です。

 

一昔前のように預金金利が6%程の時代と違い、超低金利時代の現代では定期預金をしているだけでは資産運用をしているとは言えません。

 

 自分のリスク許容度やライフプランに合わせて債券を選び、賢く堅実に資産運用をしましょう。