債務整理の3つの方法

 

借金返済の目処がどうしてもつかない場合には「債務整理」と呼ばれる救済措置が法律で定められています。

 

債務整理は借金をしている人(債務者)が借金の減額や免除をしてもらうことによって新しいスタートを切るための制度です。

 

債務整理には任意整理・個人再生・自己破産の3つの方法があります。以下、それぞれについて説明します。

 

 

任意整理とは何か

 

任意整理は裁判所を介さずに債権者と直接的に借金の減額交渉を行う方法です。

 

債務者本人だと応じてもらえないケースが大半で、通常は弁護士や司法書士などの専門家を通して和解交渉を行うことになります。

 

専門家に依頼する場合には依頼料を支払う必要がありますが、

 

近年では減額交渉に成功した場合のみ依頼料が発生する弁護士事務所や司法書士事務所が多くあるので、

 

依頼料がネックでなかなか専門家に相談できない、と考えている方も任意整理を検討してみる価値はあると思います。

 

 

個人再生とは何か

 

個人再生は任意整理とは異なり、裁判所を介した手続きです。

 

任意整理では債権者側が交渉に応じないケースも考えられるので、そのような場合には個人再生手続を行うことで強制的に債権者に交渉に参加してもらうことができます。

 

自己破産手続きとの違いは自宅や自動車などの資産を処分する必要がないことが挙げられます(この点が個人再生を利用する最大のメリットといえます)。

 

 

自己破産とは何か

 

自己破産とは、裁判所の決定を通じて債務者の債務を免除させる手続です。

 

自己破産決定後には基本的に債務者の債務全額が免除されることになります。

 

ただし、税金や社会保険料の滞納分は免除とはならないほか、

 

ギャンブルや株式投資によって債務を負うことになった場合には自己破産が認められないケースもあります。

債務整理記事一覧

債務整理の3つの方法(任意整理・個人再生・自己破産)のうち、近年利用が増えているのが個人再生です。個人再生は任意整理と自己破産の中間に位置づけられる債務整理の方法といえます。以下では個人再生のメリットとデメリットを解説します。個人再生のメリット・住宅や自動車を手放さないで済む個人再生の最大のメリットは自宅や自家用車などの資産を手放すことなく借金の減額を受けられる可能性が高いことです。個人再生は資産...