任意整理による借金の減額方法

 

法律で定められている債務整理の手続きには任意整理・個人再生・自己破産の3つがありますが、

 

最も柔軟性が高く利用しやすいのが任意整理による債務整理です。

 

任意整理は債権者が複数いる場合(たとえば複数の消費者金融でカードローンを利用している場合)に大きなメリットがあります。

 

 

任意整理のメリット

 

任意整理のメリットは、裁判所を通さないため手続が簡単であることです。

 

用意するべき証拠書類も他の債務整理手続と比較して少なく済むので、

 

少しでも早く借金の減額を行いたいという人には任意整理は適していると言えます。

 

(弁護士などの専門家に対して手続を依頼すると受任通知が債権者に通知されるので、債権者からの請求はストップします)

 

 

任意整理ではどのように借金の減額が決まるか

 

任意整理では債権者それぞれと交渉を行い、「いくらの債務をいつまでに返済する」ということを債権者側と合意しながら決めていきます。

 

債権者側としてはなるべく借金の減額を行わず全額を回収しようとしますが、

 

債務者側が自己破産を選択すると全額が返ってこなくなる可能性があるため、交渉に応じる債権者が多いようです。

 

 

応じてもらえない場合もある

 

任意整理は交渉に応じるかどうかは債権者側の任意ということになります。

 

消費者金融などは任意整理に応じるケースが大半ですが、

 

友人や親族から借金をしているという場合、任意整理には応じてもらえないことも多いようです。

 

債権者側が借金減額の交渉に応じない場合には、個人再生や自己破産の手続きを検討することになります。