個人再生のメリットとデメリット

 

債務整理の3つの方法(任意整理・個人再生・自己破産)のうち、近年利用が増えているのが個人再生です。

 

個人再生は任意整理と自己破産の中間に位置づけられる債務整理の方法といえます。

 

以下では個人再生のメリットとデメリットを解説します。

 

 

個人再生のメリット

 

・住宅や自動車を手放さないで済む

 

個人再生の最大のメリットは自宅や自家用車などの資産を手放すことなく借金の減額を受けられる可能性が高いことです。

 

個人再生は資産を手放したくない人向けに設けられている制度といえます。

 

 

・任意整理よりも減額される金額が大きい

 

任意整理は裁判所を通さないため手続が簡単というメリットがありますが、

 

債権者が交渉に応じない場合は借金の減額が認められなかったり、認められても減額幅が小さかったりするケースが多いです。

 

個人再生は借金の減額幅が任意整理の場合よりも大きくなるケースが多いのが特長です。

 

 

・借金の理由が問われない

 

自己破産の場合にはギャンブルや投資の損失を原因とする借金の場合には免責されないケースが多いですが、

 

個人再生の場合にはこのような条件がないのもメリットです。

 

 

個人再生のデメリット

 

・信用情報機関のブラックリストに載ってしまう

 

個人再生計画が裁判所によって決定されると、信用情報機関(消費者金融などの金融機関同士の情報ネットワーク)に情報が記載されるため、

 

新たに借りることが難しくなります(このような状態を「ブラックリストに載る」という言い方をすることがあります)

 

 

・手続きが複雑

 

個人再生は裁判所を介した手続きである分、提出を求められる書類なども多くなるため手続が複雑になりがちです。

 

ただし、専門家へ手続を依頼することになるため、必要書類などをスムーズに提出することさえできればそれほど大きな負担にはならないことが多いようです。

 

 

・保証人へは請求が継続される

 

個人再生を行なった結果、借金の減額が行われたとしても、保証人に対しては元の債務の金額で請求が行われるので注意が必要です

 

(債務者本人の個人再生では、保証人の債務までは減額されません)

 

保証人に対しても負担減額を求めたい場合には、保証人自身の債務整理手続が必要となります。

 

 

・全ての債権者に参加してもらう必要がある

 

個人再生は任意整理と異なり、債権者全員に個人再生手続に参加してもらう必要があります。

 

個人再生計画は債権者全員が参加した上で決定されるため、「消費者金融からの借金は減額してほしいけど、

 

友人や親族に対しては借金全額を返したい」という形は基本的に認められない可能性が高いです。

 

友人や親族との信頼関係を損なう危険性もあるので注意しましょう。