夫婦型・家族型の落とし穴

 

職場などで加入する団体保険は、一般的に個人で加入する保険よりも安い保険料で済むので、利用される方も多いのではないでしょうか。

 

夫婦型・家族型など、奥様やお子様の分もあわせて加入できる保険サービスもありますが、安く済ますとそれなりのデメリットがあります。

 

 

 

夫婦型の保険はご主人の保障が主契約=メインで、奥様の保障は特約=おまけであることが多く、

 

たとえば、「ご主人の入院給付金が日額1万円、奥様は6千円」のように、奥様の保障が少なくなるケースがあります。

 

 

また、ご主人が亡くなった場合、ご主人の保険を解約すると奥様の保障もなくなることも問題です。

 

主契約のため、ご主人の分だけ解約するわけにはいきません。

 

ご主人の分を含めて、2人分の保険料を払い続ければ、保険を継続できますが、その場合も奥様の入院給付金は6千円のままなのです。

 

ご主人が亡くなり収入も減ったのに、保険料は2人分というのはつらいものです。

 

あわてて加入しなおしても、すでに高齢となり、保険料も高くなっていることでしょう。

 

やはり、先々を見すえ、保険料が安く済む早い段階で、それぞれの保険に加入したほうが得策と考えます。