節税記事一覧

思いもよらない病気や怪我で医療費の支払が高額になってしまったときに、所得控除を受けることができます。医療費控除は確定申告が必要になりますので、面倒だという印象が強いと思いますが、最近ではインターネットで確定申告書を作成できますので利用しない手はありません。ここでは医療費控除の概要と活用方法をご紹介します。1.医療費控除の概要医療費控除はその年の1月1日から12月31日までの間に生計が同一の親族の医...

税金を減らす方法の一つに寄付金控除があります。個人が国または地方公共団体、特定の公共法人等に寄付をした場合は、確定申告で所得税が還付される場合があります。寄付金控除の制度は、一度寄付として支出した金額が所得控除の対象となります。自分が応援したい地方や団体に寄付をすることで税金が還付されるので申告もれのないようにしたいものです。ここでは、寄付金控除の概要と注意点をご紹介したいと思います。1.寄付金控...

扶養控除とは、納税者に控除対象扶養親族がいる場合に一定の所得控除が受けれる制度です。配偶者には配偶者控除があるため扶養控除の対象にはなりません。扶養控除はきちんと理解しておくと税負担を減らせます。扶養控除制度の概要をご説明します。1.扶養親族扶養親族とは、その年の12月31日時点で、次の4つの要件のすべてに当てはまる人です。@配偶者以外の親族(6親等内の血族及び3親等内の姻族)又は都道府県知事から...

○法人税の節税では益金を減らすことが重要 節税対策では「法人税」の節税が中心的に扱われます。法人税を節税するためには所得を少なくする必要があり、これには「益金を減らす」か「損金を増やす」ことが必要です。そこで今回は、この2つのうち益金の概要と減らし方について説明します。○益金と収益の違いとは? 経営上は、益金と収益は、企業に入ってくる資金の意味でほぼ同義として扱われます。しかし、税務上では全く違う...

○節税対策とは? 節税対策とは、法律の範囲内で税金を節約する手段のことを言います。この法律の範囲内とは、それぞれの税法で規定されている違法行為を行わないことを指しており、法人税法以外にも所得税法や消費税法、固定資産税法などの法律に規定されています。こうした法律や政令・省令を解釈し、経営活動に生かせる資金を残す行為こそ節税対策なのです。○節税対策の中心は「法人税」 節税対策にて、中心的に扱われる税金...

○減価償却を使って節税が出来る 法人税を節税する方法の中に、減価償却を使った手段があります。減価償却とは月日の経過とともに価値が下がる資産を、耐用年数で分割して損金計上することです。また、資産評価の観点からみると、資産の残存価値を把握するための指標としても捉えられています。 このような減価償却ですが、節税対策の一環としても使われるのです。本記事では法人税を節税するために、どのように減価償却費を使え...

○損金算入になる生命保険、ならない生命保険損金を増やし節税効果を高めるために、生命保険に加入する企業経営者は多くいます。しかし、生命保険には損金算入できる保険と、一部出来る保険、損金不算入の保険と3つあるので注意が必要です。そして、損金不算入保険の場合は、扱いは資産となります。○損金計上割合は保険内容により異なる生命保険は損金算入できる割合によって、以下のように分類されます。・「全額損金タイプ」:...