医療費控除の節税効果

 

思いもよらない病気や怪我で医療費の支払が高額になってしまったときに、所得控除を受けることができます。

 

医療費控除は確定申告が必要になりますので、面倒だという印象が強いと思いますが、

 

最近ではインターネットで確定申告書を作成できますので利用しない手はありません。ここでは医療費控除の概要と活用方法をご紹介します。

 

 

1.医療費控除の概要

 

医療費控除はその年の1月1日から12月31日までの間に生計が同一の親族の医療費が対象になります。

 

医療費控除の計算式は
(年間医療費の合計額)−(保険金などで補てんされる金額)−10万円(※)
(※)年間所得が200万円未満の人はその5%

 

となります。

 

また保険金などで(補てんされる金額)の例として、

 

民間の医療保険から支払われる保険金、健康保険などで支給される高額療養費、出産育児一時金などがあります。

 

上記の計算式から算出された金額を所得税を計算するときの所得から差し引くことができるのです。

 

 

2.医療費控除の活用方法

 

医療費控除を適用するためには医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を所轄税務署長に提出する必要があります。

 

確定申告の際に給与所得の源泉徴収票、医療費を証明する領収書を添付する必要があります。

 

また、確定申告が面倒だという人は国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」にて確定申告書を作成することができます。

 

完成した確定申告書を管轄の税務署に郵送するだけで確定申告できますので大変便利です。

 

では、領収書をすべて保管しておらず紛失してしまっている方も多いと思います。

 

領収書を紛失してしまった場合は、

 

「病院へ領収書の再発行を依頼する」

 

「病院に領収書の代わりとなる領収額証明書の発行を依頼する」

 

「税務署に医療費の支払を認めてもらう明細(家計簿等)を提出する」

 

などの方法があります。