節税対策で利用できる生命保険と注意点

 

○損金算入になる生命保険、ならない生命保険

 

損金を増やし節税効果を高めるために、生命保険に加入する企業経営者は多くいます。

 

しかし、生命保険には損金算入できる保険と、一部出来る保険、損金不算入の保険と3つあるので注意が必要です。

 

そして、損金不算入保険の場合は、扱いは資産となります。

 

 

○損金計上割合は保険内容により異なる

 

生命保険は損金算入できる割合によって、以下のように分類されます。

 

・「全額損金タイプ」:逓増定期保険や養老保険などが該当し、全ての保険料を損金計上できる
・「1/2損金タイプ」:がん保険などが該当し、保険料の半額を損金計上できる
・「資産計上タイプ」:一部の終身保険などが該当し、損金計上はできない
このように生命保険にも内容により、損金計上できる割合が異なります。

 

 

○生命保険は利益の先送り

 

生命保険は加入すれば節税できると考えている経営者が多いですが、これは間違いです。

 

なぜなら、生命保険は「利益の先送り」でしかないからです。

 

つまり、当該事業期間の利益を保険料として損金計上をしているだけで、いつかは保険金として戻ってくるということです。

 

保険金が入った際にはこれが利益となり、法人税が課税されることになります。

 

 

○生命保険を使って節税する方法

 

生命保険を利用して節税する際には、「解約返戻金」を有効活用する必要があります。

 

この「解約返戻金」とは生命保険の契約を中途解約することで、支払った保険料の一部を返金してもらえる制度です。

 

赤字を出した事業年度にこの制度を活用します。黒字を出した年度の利益を、赤字を出した年度へ補てんできるようになるのです。

 

 

○生命保険を選ぶ際のポイント

 

実際に生命保険を使って節税する場合、以下のポイントに気をつけて選ぶといいでしょう。

 

・生命保険の第一目的を「福利厚生」の向上に絞る
・解約辺戻率に注目をして、短期間で100%近くになる保険を選ぶ
・全額損金になる保険を選ぶ
・生命保険が解約できるまでの期間を確認する
・複数社の保険プランを比較検討する