自分が使っているのはビザカードです。

 

人生で一度もカードを持ったことが無かったのですが、海外に行くことが増え空港でいちいち換金をするのも面倒に感じていたのでカードを持とうと思いました。

 

初めてのカードだったのでどこの会社にすれば良いのか解らず友人に相談したところビザが良いとのことで決めました。

 

審査もスムーズですぐにカード発行してもらいました。

 

最初なので限度額は50万円に設定していただきましたが、なかなかカードを使う勇気が出ずに持ったまま未使用で暫くはいました。

 

初めてのカード支払いは免税店でのたばこの購入に使いましたが、サインのみで良いのでとても便利に感じました。

 

次に彼女へのプレゼントをローンで買おうと思いカードを使いましたが、ここで問題発生です。

 

カードを器械に通して4ケタの暗証番号を打ち込んだのですが1度目で番号が違いますと言われパニックになりました。

 

暗証番号を忘れてしまったのです。あと2回間違うと使えませんと言われ必死に思いだしました。

 

次に4ケタを打ち込むと成功しました。

 

それからはサインのみで良いところでしか使っていません。

 

便利ですが怖いものです。

海外サイトで不正利用されました

テレビのニュースで時々耳にする言葉の一つにクレジットカードの不正使用被害というものがあります。

 

石橋を叩きすぎて壊してしまうというくらい慎重派の私は、テレビのコメンテーターのアドバイスをきちんと心がけ、怪しいお店などで使用しないなど気を付けていたつもりです。

 

でも、そんなに気を付けていたにも関わらず、どこからか私のクレジットカード情報が洩れてしまったようで、1000円程度の金額が2回ほど日本以外の国で使用されている形跡を見つけました。

 

想定外の出来事だったので、ショックとそれかららどこかで見られ散るような気持ち悪さも感じました。

 

すぐにカード会社に連絡をし状況を説明してカードを止めてもらいました。

 

また、私が使用したのではないということも確認でき、しばらくして不正に使用された金額は戻ってきました。

 

web明細になってから、利用履歴を確認するのが面倒で2か月に1度くらいの割合でしか、明細確認をしていなかったのですが、その時以来チェックは怠らないようにしています。

通販をよく利用するならカードは必須だと感じました

私がクレジットカードを持つようになったのは、ここ1.2年のことです。

 

我が家では、家族全員が「クレジットカード=金銭感覚が狂う・不正使用される(かも)・情報流出する(かも)」といったイメージを持っていたため、誰もクレジットカードを使っていませんでした。

 

クレジットカードを持つきっかけとなったのは、ネットショッピングです。

 

それまでにもネットションピングは利用していましたが、支払方法はいつも銀行振込。

 

それがある日、私がネットバンクから行った振込み手続きにエラーがあり、支払いが行われていなかったことに気付いたのです。

 

エラーを知らせるメールも見落としてしまったようで、結局未払いに気付いたのは支払期限から約1か月後。

 

ヤバイ!よく使っているお店なのに・・・今後、ここで買い物できなくなったらどうしよう?

 

内心かなり焦りました。

 

結局、すぐにお店に謝罪の連絡をして支払いを済ませることで事なきを得ましたが、あのヒヤッと感はもう体験したくない!と、クレジットカードを持つことに決めました。

 

今は快適にお買い物できるしポイントも貯まるし、思っていた以上に良いものだったんだなーとホクホクしています。