32歳 男性

クレジットカードでお買い物しお支払方法にはリボ払いを選んでいたときの事です。

 

クレジットカードはキャッシュレスでお買い物できてとても便利ですね。

 

現金をATMから引き出ししなくても、クレジットカードをお店で提示しサインするだけでお買い物ができます。

 

そんなときにリボ払いを選ぶと毎月の支払額が少ないのでお支払が楽なのが魅力です。

 

しかし自分の財布のように使ってしまい、欲しい品物を買い過ぎてしまいました。

 

毎月この支払額までなら大丈夫だろうと思っていましたが、気が付いたときにはかなりの支払総額まで膨らんでいたのです。

 

6回の分割払いなら6か月後には支払完了です。

 

しかしリボ払いでは毎月の支払額は一定ですが支払期間が伸びやすくリボ払いの手数料年15.00%の負担が大きくなってしまいました。

 

クレジットカードでお買い物したときはカード会社が立て替えてお店にお支払しているので、リボ払いは借金してお買い物していると言う意識が大切なんですね。

 

これからはなるべく必要な品物を必要な時だけ買いたいと思います。

 

 

 

海外旅行が好きでよく友人と一緒に行くのですが、そんなときに持っていると便利なのがクレジットカードです。

 

海外加盟店で使う場合は信頼できるところだけにした方が良いのですが、余分に現地通貨へ両替しないで済むのでお得です。

 

クレジットカードを海外加盟店で使うと事務手数料が掛かりますが、1.6%ほどなので両替手数料と比べると少ないです。

 

ポイント還元率が1%のクレジットカードなので事務手数料1.6%の殆どをポイントでカバーしてくれます。

 

その代わりに外貨から円への換算レートは決済処理される日のレートです。

 

お買い物した時点では円高でお得でも、決済処理される日までに円安に動いてしまうと損してしまう可能性があります。

 

逆にお買い物した時点は円安で損でも、決済処理される日までに円高に動けばお得になります。

 

為替相場の動向を予測するのは難しいですが、円高のときは海外でお買い物するとかなりのお得感がありますね。

 

近頃は円安が続いているので海外旅行へ行く機会も少なくなりましたが、円高に進みだしたらまた行きたいです。

 

一度滞在中に現地通貨が足りなくなったことがありました。

 

余分に両替したつもりだったのですが少なかったようです。

 

現地の空港や銀行などで両替するのは両替手数料が負担になりそうだったので、持参したクレジットカードで海外キャッシングすることにしました。

 

海外キャッシングなら現地のATMから現地通貨を引き出すことが出来ます。

 

ストリートにあるATMでは不安なので、安心してご利用できそうな銀行にあるATMを選びました。

 

最初はATMの操作に迷いそうだと思いました。

 

あまり時間が掛かるとクレジットカードが飲み込まれるとも聞いています。

 

ですが簡単な英語は理解できるので問題なく現地通貨を引き出すことが出来ました。

 

海外キャッシングでは海外ATM利用手数料と18.00%の金利手数料が掛かります。

 

しかし海外ATM利用手数料はわずかですし、金利手数料も翌月一括払いなのでそれ程多くありませんでした。

 

両替手数料をお支払するより海外キャッシングのほうがお得だったです。

 

 

 

クレジットカードでお買い物すると、店員さんにお支払回数はと聞かれることがあります。

 

余裕が無いときは6回でと分割払いすることが多いです。

 

しかし分割払いはカード会社への手数料をお支払しないといけないのですね。

 

実質年率15%はあるので高額な商品だと結構痛いです。

 

そこで何とか節約できないかと思いクレジットカードのホームページにアクセスしてみると、分割払いとリボ払いのシミュレーションがご用意されていました。

 

試しにシミュレーションしてみたら支払回数や商品代金によってはリボ払いのほうがお得になるケースがあるのです。

 

同じ実質年率でも同じ商品代金でも、お支払する手数料が違ってくるので最近ではきちんとシミュレーションしてからクレジットカードでお買い物するようにしています。
一番お得なのは手数料の掛からない1回払いなので、余裕のあるときはこちらの支払方法を選んでいます。

 

1回払いでお買い物して後で余裕が無くなったときには、リボ払いに変更しています。

24歳 男性

今使っているクレジットカードを選んだ決め手は、審査の簡単さです。
仕事をしている時は、例えアルバイトであっても、収入があるとみなされてすぐにクレジットカードが発行されます。
ですが、専業主婦ともなると、扶養者の職業や勤務先を申込用紙に書いて提出しなければいけません。
その後、クレジットカード会社からその勤務先へ本当に働いているかという電話チェックがきます。
これで夫に迷惑をかけたくないとずっと思っていたので、クレジットカードが作れませんでした。

 

ところが、私が使っているクレジットカードは扶養者の勤務先を記載しなくても良いというものでした。

 

ですから、それに申請し、特に問題が無かったので、1週間以内にクレジットカードが手元に届きました。

 

ポイント還元率も非常によく、自動付帯ではありませんが、海外旅行保険もついているので、これを使って旅行費用を出せば何かあった時に保険も適応になるという優れ物で、満足しています。

 

クレジットカードをお得に利用する方法として、海外旅行へ行かれる方におすすめの方法があります。

 

それは、海外では現地の通貨が必要になりますが、それは最小限の現金を持つだけにして、ほとんどの場所でクレジットカードが使えますから、クレジットカードを使用して支払うということです。

 

そうすることで、最後はいつも海外に行くと小銭が残るという方は少なくないと思いますが、それもなくなりますし、クレジットカードを使うことで、実は為替レートもお得なので、そちらを利用した方がお得にお買いものや食事を楽しむことができるのです。

 

そして、現金の場合、落としたり盗まれたりしたら戻ってきませんが、クレジットカードの場合、不正に使用された際にはほとんどの場合返金されますし、カードが紛失しても、電話をしてクレジットカードをとめれば、再発行をしてくれます。

 

ですから、安全面でも経済面でも海外旅行ではクレジットカードを使うのが断然お得です。

 

クレジットカードで失敗したなと思うことは、ある銀行で新しい口座を開いた時に、クレジットカードを作ることを勧められたので、年会費無料だったので作りました。
ところが、他のクレジットカード会社を利用して作ったクレジットカードというのは、ポイントの還元率についてほとんど文句はありませんでした。

 

ですが、銀行経由の物は、クレジットカードのポイントのつき方もいまいちよくわかりませんし、クレジットカードを使って支払っているのに、いまいちポイントがたまりませんでした。
しかも、その貯まったポイントが何に使えるのかもよくわからず、その内に使わなくなりました。

 

年会費永久無料だからと言って、むやみにクレジットカードを増やしてしまったのは失敗したなと思いました。

 

その後、自分にとって良いクレジットカードを見つけたので、もう銀行のクレジットカードは使用せず、そちらの新しいクレジットカード1枚のみを普段の生活で使っています。

24歳 女性

以前アメリカで暮らしたことがあるのですが、あちらはクレジットカード社会。

 

ちょっと大きな買い物は現金ではなくカードで、と言うのはアメリカに行ったことのある方には良くご存知のことだと思いますが。

 

あちらでのカードの取得と言うのは、結構審査が厳しいのです。

 

私は学生でしたので、やはり2回くらい落とされました。勿論日本から持っていったカードもあったので、不自由もしませんでしたが。

 

 

ちょっと驚いたのがこのクレジットカード、簡単な身分証明にも使えるという事です。

 

審査が厳しいからでしょうか、それだけの資産(と言うのは大げさですが)があると認められるからでしょうか、日本ではないことなので驚きました。

 

ただし1枚ではなく、2枚見せろと言われますので、2枚持っているのが当たり前になりました。

 

 

9.11後に、所用があってNYに行った時。

 

たまにはエンパイアステートで夜景でも見よう、9.11の方向にお祈りも出来るし。

 

そう思って行列に加わったのですが、ふと気がつくとパスポートなどの身分証明を置いてきてしまっていました。

 

もしかして、と以前のことを思い出して、ガードマンに2枚のクレジットカードを見せたところ、無事チェックポイントを通過できたのでした。

23歳 女性

私がクレジットカードを持ったのは、大学2年の春休みの終わりがけでした。

 

 

それまでもクレジットカードに興味はありましたが、私はかなりの買い物好きで、高校の頃から周りの友達と比べても服や雑貨などに対して散財していたので、クレジットカードを持ったらテレビでたまにやっているような「カードを何枚も作って限度額まで借りまくって、自己破産!」といったようなとんでもないことになる!と思い、怖くてずっと作っていませんでした。

 

 

実際クレジットカードを作ってみてからもしばらくの間はやはり使う事が怖く使えませんでした。
使うことが怖い、でも「使ってみたい…好きなものを好きなだけ買いたい…!」といった欲望にもウズウズとくすぐられていましたが、使った後しばらく経ってから請求が来る、ということがなぜかどうしても怖く、使う事が出来ずにいました。

 

 

実際クレジットカードを初めて使った時はやはり散財してしまい、その請求が半年ほど続くことになりました。
半年ほど延々と続く支払いが、自分にとってはとても気が重く、「毎月毎月何でこんなに苦しい思いをしなければならないんだろう…ああやっぱり買わなければ良かったかな…」とも思いました。
クレジットカードのポイントは溜まり、その後そのポイントで買い物をしたりもしましたが、その時の支払いの苦しさがかなり自分にとっては重く苦い思い出となっており、そのカードは解約してしまいました。

 

 

それからしばらくはクレジットカードを持っていなかったのですが、家賃の支払い用に、と口座を開設する際に、「キャッシュカードをクレジット機能が付いたものにするか、ないものにするか」、という場面に出くわしました。
説明を受けてみると、毎月の光熱費の支払いなどをクレジットカードでの引き落としに指定するとポイントが貯まってお得ですよ、とのことでした。
その時はやはり以前のクレジットカードの支払いの記憶が苦い思い出として残っていたためクレジットでの引き落としにはしませんでしたが、しばらく経ってから考えてみると「毎月必ずかかるとわかっている光熱費でポイントが貯まるなんてお得じゃないか?」という考えに至り、現在はクレジットカードの引き落としに移行しようと検討中です。

 

 

思うに、クレジットカードを持つということは、当たり前の事かも知れませんが自分を律することが必要になってくると思います。

 

どんな高額なものでもカードを出してしまえばサッと一瞬で手に入ってしまう、

 

そんな“魔法のカード”だからこそ、後先をちゃんと見据えて考えて、自分の支払いで後々苦しい思いをしないように自分を律する。

 

現金で購入する時よりもさらに慎重に考えてから買わないと後々何ヶ月後まで続く支払いの苦しみに耐えなければならない。

 

それをしっかり頭の片隅に置いてからクレジットカードで購入ということをしなければ、カード地獄に陥ってしまう可能性があるなと思いました。

29歳 女性 限度額高いと不安になります。

私は就職する直前に専門学校での卒業旅行があり、そこで旅行前にすすめられたVISAのクレジットカードを購入したのがきっかけでそこからずっと同じカードを10年以上たた今でも所持しています。

 

普段はそんなに大きな買い物はしないのでカードを使ったとしても1万か2万程度の服でした。

 

ある時留学する機会があり、もちろんクレジットカードを持っていったのですが、学費を払うのにクレジットカードを使おうと思ったところ、何度試してもエラーがでてしまい使えないと言われ、しばらく使っていなかったから期限が切れてしまったのかなと思い困り果てていました。

 

親に直接カード会社に問い合わせてみたらと提案され電話したところカードの限度額が低く設定されていることがわかったのです。

 

でもなかなか普段は高額なものを払わないので紛失したときが心配で数か月後に設定をまた低く戻すようにお願いするのですが、このことをすぐに忘れてしまうので数年たってまた使えないと焦ってしまいまた限度額のことに気づきを繰り返しています。

 

高く設定をしておけばいいのですが毎回電話で今後はどうするか聞かれるたびに心配性なので限度額を低く戻してしまいます。

 

この手間が今でも面倒だなと思うのですがそれだけセキュリティーがしっかりしているので安心な部分も多いです。

45歳 女性 クレジットカードが不正利用されました

クレジットカードの不正使用という事件はよく聞く話ですが、なんと、私の旦那がそれをやられたのです。

 

金額は約50万円という凄い額した。

 

結果からいうと、もちろんこの金額は旦那が使っていないことがすぐわかりましたから、すぐに返金となりました。

 

ですが、事の自体はかなり大きかったのです。

 

 

事の始まりは、旦那がクレジットカードの使用履歴を見ていると、自分が使った覚えのない金額と店名が書かれていて、それを不審に思い調べてみると、不正が発覚しました。

 

すぐに銀行に電話をかけてカードをストップして返金手続きなどを行い、3日以内に返金されたのですが、その後1通の手紙が届きました。

 

我が家の隣町に住む夫婦が、旦那のクレジットカードだけではなく色んな人のクレジットカードを不正使用し、総額数千万円も現金を盗んでいたそうです。

 

その2人は逮捕されました。

 

まさかこんな大事件に身近な人が巻き込まれるなんて思わなかったのでびっくりしましたし、クレジットカード情報をどこから入手したのか不思議でなりません。

クレジットヒストリーが0で審査に落ちました。。

クレジットカードの審査が通らなかった経験をしています。

 

私は独身時代は金融関係に勤めていたので、もちろん過去に事故はありませんし、自社のクレジットカードも作ったことがあります。

 

しかし、そのカードも独身時代に解約して、申込時はまっさらの状態でした。

 

しかも、当時は結婚して名前も変わっていましたし、住所も引っ越して違っています。

 

しかも仕事先は派遣なので、派遣元と派遣先とがあり、ややこしい状況でした。

 

しかし、自宅の電話番号や住所は主人もクレジットカードを持っていて情報が登録されているハズだし、何もやましいことないからと、いたってシンプルなセゾンのクレジットカードに申し込んだのです。

 

しかし、結果は否決でした。

 

何もおかしいことないのに何でと不安になり、自分の情報をCICで開示してもらいました。

 

すると当然なのですが、私に関わる情報が何1つなかったのです。

 

つまり、クレジット会社にすると得体のしれない人になっていたようです。

 

本人と確認できる情報がないのが理由で審査が通らなかったようです。

 

女性なら誰でもこのような状況になる可能性があるので怖いと思いました。

 

その後、携帯電話の機種分割の支払もCICに登録されるようになって、私も情報のある人になったので、その後はクレジットカードが作れるようになりました。

28歳 女性 請求書を見て後から真っ青。。

クレジットカードで失敗したことといえば、無計画に何もかもの支払いをカードで行いすぎてしまい、請求書を見て驚いたことです。

 

クレジットカードは現金で支払う場合と違って、直接お金を扱ったりすることもないですし、ネットの場合にはカード番号や期限を打つのみで決済が完了したりもするので、非常に手軽に買い物を楽しめる点が魅力です。

 

ただ、お金を実際に使っている実感をやや持ちづらいので、クレジットカードを生まれて初めて手に入れて間もない頃は、うっかりとカードを使いすぎてしまうことも多かったです。

 

ただ、クレジットカードは多額なショッピングをする際でも、2回や6回など自分のペースに応じて分割払いを楽しめたり、毎月1万円ずつなどスローペースに定額でリボ払い出来たりもするので、まとまったお金がなくても大きな買い物をしたいときにも嬉しい存在です。

 

また、利用した金額に見合ってマイルやポイントが還元されるので、同じ金額を払う場合だと、現金支払いより圧倒的に得ですし、お金を数えたりする手間がかからない利点もあります。

クレジットカードは怖くない!

クレジットカードってかさばるし、なくしちゃうし、落としたら怖いから持ちたくない、といったようなクレジットカードに対する嫌悪感を持っている人ってたくさんいますよね。

 

でも私は1度そんな嫌悪感を抱いたことはありません。

 

なぜなら、ちゃんと使い方を決めているからです。

 

その方法はたったの2つです。

 

 

私流クレジットカードの使い方その1、「クレジットカードやポイントカード専用のケースや置き場を作ること」です。

 

特定の場所を決めておくことで、自宅での紛失を防ぎます。

 

探すときにも1か所にあるから楽ちんです。

 

買い物が終わったあとも同じ場所に置くいたりしまったりすることで、紛失する不安を払拭できます。

 

私は専用のカードケース(かなり分厚いです笑)を使っています。

 

すごく急いでいるときなんかはこれ1つ持っていけば安心です。

 

 

私流クレジットカードの使い方その2、「出かける前にどこで買いものをするか決めて、カードを持っていくこと」です。

 

決まったクレジットカードやポイントカードだけをもっていくことで、寄り道や無駄な買い物をしなくなりますし、使わないカードをたくさん持っていってお財布をかさばらせることがなくてスまーとに買いものができます。

 

これはクレジットカードを使う上だけでなく、買い物をするときにお店をしっかり決めておくと無駄な買い物をしなくなりますので節約にもつながります。

 

よく使うお店ならクレジットカードを持っている方が断然お得です。

 

ぜひこの2点を実践して、ショッピングライフをエンジョイしましょう。

クレジットカード選びの決め手!

私がクレジットカードを持つようになったのは、大学生の時にしていたアルバイトがきっかけでした。
クレジットカードというものをそもそも理解していなかった私でしたが、カードについての研修を受けたりカードをセールスしていくうちにどのカードが得なのかよくわかるようになり、自分でセールスしていた大型ショッピングモールのカードに申し込みました。

 

私がカードを選んだ決め手の5つをご紹介します。

 

1つ目は、年会費、入会費が無料であることです。
お得に使うためにお金を払うのはナンセンスだと思うので、この1つ目をクリアしていないとカードをオススメする側も使う側もメリットをつかむのは難しいですよね。

 

2つ目は還元率です。
通常200円で1ポイントが多い中で、そのカードは100円で1ポイントと高還元でした。

 

3つ目は、値引きチケットが自動で送られてくることです。
ポイントを溜めていくばかりで使い忘れることが多々ありましたが、このカードは一定のポイントを超えると、利用明細と一緒に値引きチケットが入っているので、使い忘れもなくてとても便利です。

 

4つ目は、見せるだけで受けられる特典が多いことです。
カードを見せるだけで併設された施設の入場料が半額になったり、食事処でアラカルトやサイドメニューやドリンクが1品付いてくることなど、ショッピングによる得だけでなく、持っているだけでお得というのはとても魅力的でした。

 

そして最後、最大の決め手となった5つ目は、支払額が安くなるセールを開催するショッピングモールであることでした。
ポイントで還元されるセールより現金で安くなるセールのほうが断然お得ですよね。
さらにそのカード、店頭のセールで安くなり、引き落としの際にさらに10%オフという超お得カードだったので、迷わず申し込みました。

 

以上の5点で決めたカードを使って、セール商品をさらに安く買い、溜まったポイントでセール商品をさらに安く買うというバラ色のショッピングライフを送っています。
クレジットカード、最高!(笑)