クレジットカードの審査

 

○クレジットカードの限度額審査方法

 

クレジットカードの審査は、ショッピング枠とキャッシング枠のそれぞれのに適用する法律が違うので、審査は2つに別けて審査されます。

 

ショッピング枠は「割賦販売法」という法律が適用されます。

 

割賦販売法は、クレジット取引の健全な発達や消費者の利益保護などを目的とした法律で、クレジット取引のルールが定められています。

 

審査方法は、申込書に記入した年収をもとに支払可能見込額が計算され、支払可能見込み額より利用限度額が設定されます。

 

キャッシング枠の審査に適用されるのは「貸金業法」という法律で、

 

消費者金融のキャッシングに適用される法律と同じで、総量規制で年収の3分の1を超えた融資をしてはならないことになっています。

 

 

 

○キャッシングを断られることもある。

 

クレジットカードでもキャッシングカードでも同じですが、申込をしたからと言って必ず作れるわけではありません。

 

審査に通らない理由として考えられるのが、消費者金融などでキャッシングの契約をしている場合で、

 

限度額が年収の3分の1近くまでになっていると断られる場合があります。

 

またクレジットカードを何枚も持っていて、利用限度額の合計が多額になっていると断られることもあります。

 

審査に通りやすくするために使わなくなったクレジットカードは解約するなどして、余裕を持たせることがポイントです。

クレジットカードの審査記事一覧

以前私は現金でばかり決済をしていたのですが、周囲の人たちがどんどんクレジットカードを使い始めて良い思いをしているのを見ている内に、自分もクレジットカードを使いたくなってしまいました。そこで私は早速、大手のクレジットカード会社のクレジットカードを作る事にしました。申込書にきちんと記入して、申し込んでみたのです。ですが審査に落ちてしまい、クレジットカードは発行してもらえませんでした。何か申請に不備があ...