学資保険に入る必要性

「学資保険に入る必要性」

 

 

○学資保険とは?
子供が生まれてしばらくすると、生まれてきた子供のために計画的な貯金をして、高校、大学、と進学していく上でお金に困らないようにしてあげなければと親なら考えるようになります。子供の成長と共に必要になるお金を貯蓄する保険の仕組みが学資保険です。

 

○学資保険に入る時期
学資保険に入っておくことで、将来的に子供にかかるお金に苦労しなくなります。子供が小さい間は貯金をするお金を捻出するのが難しい家庭もあるため、生まれてすぐに学資保険に入ることが正しいとは限りません。学資保険の費用を捻出することで家計が圧迫される場合は、長い目で見て家計の見直しをし、計画的に保険に入るお金を生み出せるようにしておきましょう。

 

○学資保険に入るメリット
学資保険は「保険」です。定期預金や一般口座に貯金をするよりも、子供のための保障がたくさんついています。例えば両親が事故に合い、十分な貯蓄ができなくなったとしても、保険会社から金銭の保障をしてくれます。また、学資保険は中学校卒業時、高校卒業時などにお金が戻ってきます。口座をもう一つ作ってお金を貯めていくよりも、強制的にお金を貯めていくことで、残ったお金での生活設計が立てやすくなるのです。