キャッシング申し込みに必要な書類

 

キャッシングの申込をする時、必ず必要になる書類があるので、事前に用意しておく必要があります。

 

 

 

○必ず用意しなければならない書類

 

申込者が本人であることを確認するための書類として、運転免許証や健康保険証、パスポートなどのどれかひとつの本人確認書類が必要になります。

 

インターネットから申込をする場合は、書類をオンライン上で送信することが多いので、事前に携帯カメラやスキャナーなどで画像保存しておきます。

 

また、申込書に記入した現住所と、運転免許証などに記載されている住所が違う場合は、住民票の写しや公共料金の領収証(電力会社、ガス会社、NHK発行)の写しが必要になるので、併せて用意しておかなければなりません。

 

 

 

○収入証明書類が必要になる場合

 

消費者金融やクレジット会社へ申込む場合で、50万円以上の借入れを希望する時や、すでに他社に借入があり、その借入残高と借入希望額の合計が100万円を超えるような時場合は、貸金業法による総量規制の対象となり、年収の3分の1以下に借入額が収まっているか確認されます。そのため、年収を確認するために収入証明書類の提出を求められます。

 

収入証明書類とは、最新の源泉徴収票や確定申告書、直近2カ月程度の給与明細などです。

 

一方、銀行カードローンは、銀行法が適用され、貸金業法が適用されないので、総量規制の対象外になります。
そのため、銀行独自での審査となり、100万円以下は収入証明が不要な銀行や、200万円、300万円までなら不要という銀行もあります。

 

 

 

○すぐに借りたい場合には収入証明不要のキャッシングで収入証明書類は本人確認書類と違って常に携行していません。
すぐにお金が必要な時は、収入証明不要の範囲で申込むことをおすすめします。