○プロミスの返済方法

 

プロミスでは多くの返済方法があります。

 

店頭窓口(サービスプラザ)、銀行振込、口座振替、提携ATM、インターネットなど多くの返済方法の中から自分の環境に合わせて利用できます。

 

 

○インターネットを利用した返済方法

 

インターネットを利用した返済方法は「インターネット返済」「口フリ(口座振替)」の2つです。

 

24時間振込が可能で、三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行、ジャパンネット銀行、みずほ銀行、楽天銀行に口座が開設されていれば振込手数料は不要で振込ができます。

 

利用方法は会員サービスへ入り、「インターネット返済」ボタンをクリックし、返済金額を指定して、利用する金融機関を選びます。

 

続いて取引銀行へログインし、振込を実行すると完了します。

 

「口フリ」は返済に口座振替を利用する方法で、振替は自動で行われるので返済日を忘れていても心配ありません。

 

「口フリ」が利用できる銀行は数多くあります。

 

三井住友銀行かジャパンネットバンクに口座を利用すれば、返済日は5日、15日、25日、末日から選択でき、借入残高は当日に反映されます。

 

その他の銀行の場合、返済日は毎月5日だけになり、借入残高に反映されるのは3営業日後になります。

 

 

○手数料不要で提携ATMを利用する

 

ATMからの返済は、提携銀行や提携コンビニがあり、コンビニATMの場合、毎回1万円以下は108円、1万円以上なら216円の利用手数料が必要になります。

 

長期返済になれば毎月コストがかかり続ける事になり、金利以外に経費を支払うことになります。

 

三井住友銀行ATMや、提携コンビニのローソン、ミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポートでは手数料無料で返済できるので、無駄なコストを抑えたキャッシングが続けられます。