絶対にしてはいけないこと

絶対にしてはいけない行為

 

借金にまつわる話として、結構な頻度で出てくるのが「名義貸し」です。

 

その名の通り、名前を貸す行為です。

 

代わりに契約をしてあげて、相手に返済をまかせるのです。

 

その結果、名義を貸した相手が返済しなくなるというトラブルが後を絶ちません。

 

当然、督促の対象は、契約者本人です。

 

「自分は使ってないんだから、返済したくない」は通用しません。

 

名義貸しという行為が、どのくらい危険で怖い行為なのか、詳しく説明していきます。

 

 

  1. .相手が借りれない理由を考えてみましょう

そもそも、相手はなぜ名義を借りたがるのでしょうか。

 

すぐに考えられるのは、その人が「ブラックになっていてもう借り入れできない」という状況です。

 

もちろん、名義を借りるときに、「自分はもうブラックで借りれないから」とは言わないでしょう。

 

「会社に借り入れを禁止されているから」
「嫁にばれると離婚されるから」
「自分の職業だと審査が通らない・限度額が低い」

 

など、もっともらしいことを言って、頼んでくるかもしれません。

 

返済についても、

 

「○日にはまとまったお金がはいるから、すぐ返せる」
「仕事の他にアルバイトも始めたから返済は心配ない」

 

などと、具体的な目処を話して安心させることでしょう。

 

しかし、近い将来きちんと返済できる目処があるならば、他人に名前を借りてまで借金する方法以外に、もっと良い方法があるはずなのです。

 

他人に名義を借りなければならないほど切羽詰った人が、まともに返済を続けられるのか?

 

冷静に考えれば、名義貸しがどんなに危険な行為かに気づくはずです。

 

 

  1. 名義貸しとなりすましの違い

 

返済が遅れたら、当然督促の電話や手紙は、契約者本人に来ます。

 

自分が使ってないのに納得がいかないかもしれませんが、それが「契約」なのです。

 

貸金業者に、いくら「使ったのは自分ではない」と言ったところで、貸金業者にはまったく関係のない話なのです。

 

いかなる理由があっても、本人が納得して契約をしたのであれば、貸金業者と契約者の間にはなんの違法性もありません。

 

違法性があるのは、本人になりすまして契約をした時です。

 

なりすましは犯罪ですが、名義貸しは自己責任なのです。

 

 

  1. 名義貸しは連帯保証人と同じ

 

連帯保証人は、債務者本人が返済困難となったときに、代わりに返済する義務があります。

 

たとえ形式的でも、一度は「もし本人が払えなくなったら自分が払わないといけない」という覚悟を持って連帯保証人になるのでしょうから、

 

名義貸しよりも返済への責任は重く受け止められることでしょう。

 

消費者金融は、基本的に無担保・無保証で借り入れできますから、連帯保証人はありません。

 

ですが、名義貸しの行為自体は連帯保証人とよく似ていると考えていいでしょう。

 

相手から名義を貸して欲しいと頼まれたら、「連帯保証人になったつもりで、自分が返済できなくなったら代わりに払って欲しい」

 

と言われているのだと、置き換えてみましょう。

 

 

  1. 返済不能になったとき、あなたの個人情報に傷がつく

 

返済できなくなって貸金業者と交渉したり、弁護士や司法書士などに相談をするのは、すべて契約者です。

 

さらに、債務整理をすると、個人情報に事故情報がつきます。

 

もし、あなたが急な出費で借り入れをしたいと思っても、借り入れができない状態になるかもしれません。

 

名義貸しは、とても危険で怖い行為です。

 

もし名義貸しを頼まれたら、毅然とした態度できっぱりと断るようにしましょう。