発毛を阻害するものを知り、正しい発毛促進をおこないましょう!

発毛阻害の原因 その1 遺伝

 

発毛促進と発毛阻害要因

 

自分の親または祖父がハゲているから自分もそうなると思い込んでいる方がいます。

このタイプの方には2種類いて、あきらめずに発毛剤や発毛クリニック、病院に通いご自身で食い止めようとしている方と端からあきらめてしまっている方です。


私は両方の気持ちがよくわかります。何故かというと私の父が薄く、私も半ば発毛をあきらめていました。しかし、遺伝的要素は確かにあるのですが、それが全てではありません。


体質的には薄毛になりやすい体質は遺伝しますが、発毛剤、発毛サプリメント、運動、マッサージ、様々なもので発毛状態は激変するのです。

 

その上で発毛に関するしっかりとしたサイトで勉強してください。

発毛剤、育毛剤、サプリメント、通院を行えば発毛は改善されていきます。

 

発毛阻害の原因 その2 食生活

 

発毛促進と発毛阻害要因

食べ物の要素も非常に大切です。

元来、日本食は脂分が少なく、タンパク質、ミネラルがバランスよく配合されており従来の日本食は薄毛になりにくいものです。しかし、食文化の欧米化、つまり高カロリーのもの、消化しづらいもの、こういったものを若いうちから摂取し続けてきた結果が薄毛につながっていると考えられます。


具体的にいうと、脂肪やコレステロールが頭皮の血管に作用し血流を悪くするのです。この改善策としては、ごはんを玄米に変える、唐辛子、大豆、などに含まれるカプサイシン、イソフラボンを摂取する、ローヤルゼリーや亜鉛のサプリを取るなどが発毛改善につながります。

 

発毛阻害の原因 その3 ストレス

発毛促進と発毛阻害要因

精神的なストレスも発毛を阻害する要因と知られています。しかし現代社会においてノンストレスというのは極めて難しく、誰でもストレスは持っています。

 

対策としては、趣味に没頭すると身体の自律神経が作用し血流を促進します。

仕事においては、先へ先へ仕事を終わらせるやり方ですと心にゆとりが出てきてストレスを溜めづらくなります。


ストレスを持たないという発想より、発散するという思考が発毛には効果的です。

 

発毛阻害の原因 その4 衛生面

発毛促進と発毛阻害要因

長く仕事で帽子やヘルメットを被っている方などは頭皮の環境が悪くなります。

洗髪のやりすぎはよくありませんが、適度の洗髪と乾燥は必要です。特に汗や洗髪後の湿った髪の毛は雑菌の繁殖が活発になり発毛を阻害します。

 

発毛阻害の原因 その5 運動

発毛促進と発毛阻害要因

運動不足も発毛を阻害します。

運動によって体中の血流がよくなり結果的に頭皮の血行もよくなります。


その結果発毛は促進され健康増進も行われ、一石二鳥の効果が期待できます。

 

発毛阻害の原因 その4 睡眠

発毛促進と発毛阻害要因

 

睡眠時間も非常に大切な要素です。


昔に比べて現代人の睡眠時間はかなり短く、このことが発毛に影響を及ぼしています。髪に限らず身体の成長や修復は夜、寝ている間に行われているのです。


朝起きた時に身体が重い感じに感じられる時、修復が中途半端な状態なのです。髪の毛の発毛も身体の感じ方が悪いと悪いと思ってください。逆にすっきりした時などは全てベストの状況が整っていると思ってください。

 

発毛促進の対策

上記に記したように発毛を阻害する原因は明らかです。あとは日常生活で実践するかどうかにかかっています。